読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせ明日も好きなんだ

NEWSと二宮くんが主食。楽しくいこう、きみたちと。

quarter感想と、彼がステージに帰ってくるらしい話。

KAT-TUN

ちょっとだいぶ前にはなるけど、事務所担まっしぐらな友達がKAT-TUNの『quarter』を見せてくれると言うので遊びに行ってきました~~!!

とりあえず一言、なんだあれ。

KAT-TUNのライブDVDをちゃんと見たのって初めてだったんですけど(見たら堕ちると思ってあえて手を出さなかった万年金欠オタク)、まずセットのかっこよさと予想以上の特効祭りに度肝抜かれるし、
何か駕籠とか燃やしちゃうし、でも派手なんだけど繊細で拘り抜かれた演出に一瞬も目を逸らせなくて、もうほんとKAT-TUNやべえなって。

何十回も洗礼をくらった気分でした!!!(超楽しい)

ただこれ冒頭でも書いたけどかなり前の話で、リモコンを手に持ちながら「あれリモコンどこ置いたっけ…」って一瞬素で探しちゃうような私が、曲名や細かい演出を覚えてられるはずもなかったので、各メンバーの印象を順番に書いていきたいなと思います←

何かしら記憶違いがあってもあたたかい目で見守ってやってください。(土下座)



亀梨和也

・暗いのにサングラスなかめちゃん愛おしい。似合ってるよ!!かっこいいよ!!
「暴れろ!!!」いえっさーーー!!!(敬礼)
・和装のかめちゃんまじ姫。色気過多な美しさと儚さと強さがたまらん…。お守り申し上げたい…。
「なまちち出るんですか?」「お母さん似なんだ」
意味わからんけどかわいいからゆるす。彼はギャップが激しいな!!!
・シャッフル企画で、どうも難易度高めらしいうえぴーのソロを、ちゃんと臨機応変に対応できちゃってたの凄い。ノリノリなのかわいすぎな!!
・でもやっぱりギラギラしてるのがどうしてもよく似合うKAT-TUN。その中でも漂うエース感が最高にかっこよくてもう何か尊いなって;;かめちゃん;;
「We are!!KAT-TUN!!!!」


上田竜也

・うえぴー柵!!!柵壊れるよ!!!たぶんそんなに丈夫じゃないから気を付けて!!(やめとけ)
・同じ和装でもうえぴーに着せると反抗期の若君感が半端なくて、人によって全く違く見えるの面白い。
・夜の学校窓ガラス割ってまわった経験がありそうなヤンキーが駕籠を炎上させるのには、さすがに白目むいたよね!いいぞうえぴー!ナイスレザー!(?)
「わ~!水だ~~!」「当たり前だろこのやろー!!」「田口、お前おもしれぇなあ!」
MCのうえぴーが予想以上に真っ直ぐ過ぎてしんどい…いい子かよ…。
・と思ったら曲かかるとやっぱりド○キとかにたむろってるヤンキー感すごいし、シャッフル企画とか女の子に見立てた椅子を押し倒しながら、「もう我慢できないんだ…!」って自主規制すれすれのコント始めるからもう。
あれはぜひかめちゃんの原曲も見てみたい。


中丸雄一

「声足りねぇーーーー!!!」待って中丸さんそんなキャラだったの!!!好き!!!(エッ)
・刀と何の感情も映さない瞳のコラボがたまんねえ。むしろ刺されたい。喘鳴を繰り返す自分を見下ろす、中丸さんの月に照らされた冷たい目に絶望しながら生涯を終えてみたい。何言ってんだろう自分。
・MCに入る前に、すごく中丸さんの歌声が好きだなと思った曲があったんだけど思い出せない。
「タメ旅を知らない方~、…おお、勇気あるなぁ
聞いといて。中丸さんいい…とてもよき…!
・HBBコーナー。「みなさんが静かにしなかったせいだ」つってお客さんのせいにする中丸雄一もたまんないけど、「ぶんぶん、か!」「ぺぺ!」がだいぶじわじわくるやつで、未だに思い出すとふへってなるから中丸雄一ほんと最高だなって思います←
「手を繋ぐ儀式だ」重たい。


田口淳之介

・田口くんはどこまでいっても上品で高貴な雰囲気を漂わせてるから不思議だよね!ああ王子!
・笑った顔が好きだ。
・長い手足を活かした踊り方が好きだ。
・低めの歌声が好きだ。
「アイアイアイしてるっ!☆」
・中丸さんのソロを、「俺これまじで歌って踊れるから!キー下げて!」つって、やべえガチのやつじゃん…と思ってたら本当に完璧にやっちゃうから笑った。やっぱり好きだ。
田口淳之介が大好きだ。

前もちらっと書いた気がするけど、いつか自分で稼げるようになったらちゃんとKAT-TUNを好きになって、田口淳之介のうちわを持って現場に行くんだ、って決めてたくらいには田口くんが好きだったから。

だからDVDなんて見ちゃったら田口担名乗りたくなるに決まってたんだけど、
今さら堕ちたってもう仕方ないのに、ってときどき深夜にどうしようもなく泣きたくなったりして←

そんなところに来た、田口淳之介ソロデビュー情報。
嬉しくない訳ない。

もう田口くんのうちわはきっと持てないし、田口担なんて言うのもおかしいのかもしれない。
これでもう本当に、「KAT-TUN田口淳之介」に対して好きだっていうことが出来なくなるのかもしれない。それに関してはやっぱり悔しく思うところがあって、そりゃ出来るならずっと同じ船に乗っていてほしかったけど。

それでも帰ってきてくれたことが何より嬉しいよ!!!おかえり田口くん!!!


色んな意見があるのは当然だけど、私は田口淳之介が好きだし、その田口淳之介が新しいことを始めると言っていて、少し形は違っても、いつか、と夢見ていたことがきっと叶う。応援しない理由がない。

まずはゆるゆる、マイペースに。
新米田口担、はじめます。


quarter見てKAT-TUNにも早くおかえりが言いたいと思ったから、お財布事情と相談して、余裕のある時に郵便局へ行ってきます!!!

途中から田口くんの話にシフトしちゃってごめんだけど、KAT-TUNの魅力をぎゅっと詰めたような満足感があって、本当に間違いなくquarter最高でした!!ありがとう。しあわせだ。